メニュー

インプラントについて

 インプラント断面図 虫歯や歯周病、けが等で、歯が喪失してしまったあとに、チタンやチタン合金の支柱をあごの骨に埋め込み、歯の代わりにする治療をインプラント治療と言います。

一般的に、インプラントと呼ばれるのは、歯に埋め込む支柱のことを差します。

治療内容について

当院でのインプラント治療の治療方針についてご説明致します。

まず治療を開始する前に、お体の状態が本当にインプラント治療の適応があるか(向いているか)、またあごの骨の状態が外科的な治療にふさわしいかを診断します。その際に血液検査などを実施し、評価することも予定しております。

また、喫煙をされる方はインプラント治療後の感染などの問題が起こることが多いため、禁煙後に処置を行うことが望ましいです。

その後、インプラント(支柱)を骨の中に埋め込みます。

埋入後断面図

埋め込み後は、インプラントと骨が接着するのを待ちます(4ヶ月から半年程度)

その後、インプラントの上に歯を作成します。

 

 

インプラントイラストただし最も重要なことはインプラント治療を終えてから、継続的にご自身で手入れを徹底して頂き、歯科医院で定期検診を受けることであり、これがインプラント治療の成功の鍵と言えます。

 

インプラントなどのメリット・デメリット

歯の喪失に対応する治療法はいくつかあります。それぞれにメリットデメリットがありますので、下記をご参考ください。

 

それぞれの治療方法の利点・欠点

bubunngisi入れ歯

部分入れ歯では歯の両側にワイヤーなどがあります
(メリット)

  • 比較的安価で導入しやすい
  • 治療期間が短い

(デメリット)

  • 他の方法に比べて口の中の違和感が大きい
  • 見た目に少し問題がある
  • しゃべりづらくなる場合がある
ブリッジブリッジ

抜けた歯の両隣を削り、金属などをかぶせて固定します

(メリット)

  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない

(デメリット)

  • 健康な歯を削る場合がある
  • 固定式なので、不衛生になる場合がある
  • 歯の欠損の部位により治療が難しくなることがある
インプラント

チタン製の歯の根を植え込み、歯の形の上部構造を作ります前歯部インプラント

(メリット)

  • 歯を植え込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない

(デメリット)

  • 健康保険がきかない(自費治療)
  • 手術が必要
  • お体や顎の骨の状態により、治療できないことがある
その他

インプラントと義歯を組み合わせた、インプラント義歯というものもあります

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME