メニュー

補綴(ほてつ)物・入れ歯(総義歯・部分義歯)

健康な状態でご自身の歯を一生使って食事をするのが、最も望ましいことですが、いろいろな事情により抜歯することがあります。

その場合、無くなった歯を放置しておくと、歯並びが悪化したり、健康に害を及ぼしたりする恐れがあります。

当院では、無くなってしまった歯を補うための、治療を行っています。

歯の回復については、入れ歯(義歯)が一般的ですが、その他にも、残った歯を支えにして金属をかぶせるクラウンや、歯を植え込むインプラントについても、それぞれの利点欠点をご説明し、最も適切と思われる方法をご案内しています。

 

それぞれの治療方法の利点・欠点

bubunngisi入れ歯

部分入れ歯では歯の両側にワイヤーなどがあります
(メリット)

  • 比較的安価で導入しやすい
  • 治療期間が短い

(デメリット)

  • 他の方法に比べて口の中の違和感が大きい
  • 見た目に少し問題がある
  • しゃべりづらくなる場合がある
ブリッジブリッジ

抜けた歯の両隣を削り、金属などをかぶせて固定します

(メリット)

  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない

(デメリット)

  • 健康な歯を削る場合がある
  • 固定式なので、不衛生になる場合がある
  • 歯の欠損の部位により治療が難しくなることがある
インプラント

チタン製の歯の根を植え込み、歯の形の上部構造を作ります前歯部インプラント

(メリット)

  • 歯を植え込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない

(デメリット)

  • 健康保険がきかない(自費治療)
  • 手術が必要
  • お体や顎の骨の状態により、治療できないことがある

 

それぞれに違ったメリットがありますので、ご相談しながら、どれを導入すればよいのか検討いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME