メニュー

市立池田病院等との連携

池田市ではメディカルタウン構想に基づき、地域医療連携システムを構築しております。当院では市立池田病院等との地域医療連携システムを用いた医療連携により、効率的かつ安全・安心な医療の提供を心がけます。当院での患者様の診療、治療に必要と思われ、患者様のご了承が頂いた場合に限り下記の医療情報を共有して有効活用いたします。(近隣の市立豊中病院、箕面市立病院でも同様のシステムが始まっています)

地域医療連携ネットワークとは?

全国で進められている、患者様の同意のもとで地域の医療機関が病院での診療情報をネットワークを通じて閲覧するシステムで、連携医療機関での診療等に反映させることで、地域医療の質の向上をめざすものです。

二人主治医患者様の医療情報は病院と医療機関の間のみに限定されており、その安全性は万全な体制で確保しており、外部への漏洩の危険性はありません。

具体的な患者様のメリットとしては、医科、歯科、調剤薬局における円滑な情報共有による最適な診療方法の検討ができること、かかりつけ医における円滑な継続治療の支援ができること、CTやMRIなどの検査結果を迅速かつ詳細に参照可能であること、検査や処方の重複防止すること、薬局での投薬の安全性向上を目指すことなどがあげられています。

市立池田病院地域連携ネットワークシステムについて

 

セキュリティーに関して

(市立池田病院医療情報セキュリティーポリシより)

厚生労働省が定めている「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠したシステムを構築しています。

データセンターでの高度なセキュリティ対策を施し、接続機関では閲覧情報を保存不可とする仕組みや、 接続中は印刷等ができない設定という仕様になっております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME